PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルクの初トリミング

ルクのホームレスっぷりが
ハンパない感じになってきました。



題して 「もっさりさん。」
201602191.jpg
ルク、いよいよ待ちに待った初トリミングですよ~。



で、トリミング後の生まれ変わった姿を
可愛く撮ろうと頑張ったのですが・・・



201602192.jpg
実は、私の傍にずっとビッケが張りついているため
ルクは私の方を向いてくれません。(ビッケの存在が怖くて)



爺さん(ユリエット父)から離れず
挙げ句、この目つき!
201602193.jpg
世の犬界でも、底辺の弱さのビッケを怖がるとは
ルクもビッケ以上の小心者のようです。



201602194.jpg
あんたも外に出たら、ルクのこと言えない立場だから。



翌日、母から
お寛ぎモードのルクの写真を送ってもらいました。



201602195.jpg



ビッケとルク、性格はすごく似てるのに、
仲良くなれる日が来るのかなぁ・・・。




| ルク | 08:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初顔合わせ 室内編

外では、まずまずの初顔合わせになったビッケとルクを
今度は家の中という狭い空間で会わせてみました。



想定内の反応ですが、
ビッケは私の膝の上から一歩もおりず
目でルクを追っているだけです。



で、ルクはと言いますと
201602175.jpg
なんと! ビッケに見られたくなくて
爺さん(ユリエット父)のベストに顔を隠してしまいました。



このおチビさん、想像以上のビビリさんです。



そんなルクに対して、ビッケは近づくことなく
じっと見守っているという、おっさんの風格!



小一時間ほどして、ルクが雰囲気に慣れてきました。
写真暗いですが
201602171.jpg
私の膝の上にいるビッケの近くに来ました。
(黒い物体は、そっとルクを見ているビッケです。)



私がトイレから戻ってくると
今度は姪っ子の膝の上で同じ光景が(笑)
201602172.jpg
お互い、吠えることも唸ることも無く、無言で。



爺さんが、ビッケにフードを1粒与えてみました。
すると
201602173.jpg
ルクから近寄ってきました。
背景がごちゃごちゃで目がチカチカしたらスンマセン。



この日一番の至近距離ショット。
201602174.jpg
だけど、爺さんの膝の上から下りられない
子犬に対してもやはりビビリなビッケです。



仲良くなれるかな?



親族の今一番の夢は
ビッケとルクが仲良くお散歩することです。
小さな夢だなぁ。




| ルク | 08:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルクの成長

先週、またまた実家のルクが
入院していました。



入院と言っても、今回は1泊2日で、原因は風邪なので
念のための、ショートステイ的な感じで。



退院後、すっかり元気になってオモチャで遊ぶルク。
201602011.jpg
写真は退院3日目の様子です。



10日間のうちに2回も入院して、一族をハラハラさせる坊やですが
病院での心細さは相当なものだろうと心配していたところ、
家とは違った環境に身を置いたことで、ルクに変化が表れました。



201602013.jpg
まだまだハリネズミ風でちびっこ体型のルク。



母曰く、退院後
・トイレは100発100中!(つまり失敗しなくなった)
・ご飯をガツガツ食べず、食べ方が上品になった。



ピンボケですが
201602014.jpg
カメラ目線も上手になりました。



そして病院の先生曰く
「ルクちゃんは、人によって甘えたり訴える態度を変える

なかなか計算高い子だね。



201602016.jpg
ポジティブな謙遜さですこと。



ビッケも長年、ルクと同じ病院に通っているので
先生から見た、2ワンの性格診断は



「ビッケちゃんもルクちゃんも

面倒くさいタイプの男子だね。



201602017.jpg



先生のお言葉
非常に的を得ていると思います。







| ルク | 08:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルクの入院

先週、実家のルクが
2泊3日の入院をしました。



今はすっかり元気になりましたが
その時はルクの写真を撮る気になれなかったので
ビッケの代役にて、身内用備忘録記事です。
すんません。 そして長いです。



1月18日(月)
 午前・・・獣医さんでワクチン接種
 午後・・・ひとまず安静に過ごす。
 夜中 ~激しい雷&暴風雪~


1月19日(火)
 早朝・・・ルクのサークル内のトイレにウンコいっぱい。そして緩め。
 午前・・・ご飯は食べるけど食欲無い感じ。



普段、リビングに設置しているトイレで大&小をすると
成功報酬としてオヤツ(フード1粒)を与えています。 

普段は、成功報酬欲しさにトイレをする感じなのに
201601251.jpg
これはおかしい。



そして
201601253.jpg
回数も多い。



なおかつ
201601254.jpg
いつも以上にくっついてくる感じです。



獣医さんに連絡を取り、すぐに連れて来るよう言われ
病院待合室でクレートに入っていたルクを見ると
嘔吐&下痢で、えらいこっちゃに。(母談)



201601252.jpg



<入院1日目>
・食欲なし。
・元気もなし。


<入院2日目>
・流動食を少し食べる。
・お腹が緩い。


<入院3日目>
・先生の手を舐めて少し甘える。
・遊び食べをする。
・遠吠えする。(えっ!?)


この 「遠吠え=寂しくて早く家に帰りたい。」ってことで
一旦家に連れて帰り、食欲無ければ
また病院に連れて来るよう指示されました。



帰宅後、指示書通りの量をふやかして与えると
201601255.jpg
ひとまず、ちょっと安心です。



ルクの退院を待ち望んでいた一族全員が
ルクに会いたくて顔を見せると
ルク、いつも以上に大喜びで、一族にやっと笑顔が戻りました。



退院翌日のルク。(母のらくらくホンから送ってもらいました。)
201601256.jpg



いまだ、正確な原因はわかっていないのですが

・ワクチン接種でのストレス (暴れて先生に叱られた。)
・生まれて初めての雷の音による恐怖 
・異物を拾い食いした。<←恐らく原因はこれらしい>



今後の飼い主側の注意点も再確認し
そしてルクは大事な大事な家族の一員だと再認識しました。



もちろんビッケも。








| ルク | 08:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カメラ目線練習

両親に呼び出された時か、用がある時にしか行かなかった実家ですが
ルク見たさに、用も無いのに行くようになりました。

同じく弟一家も。



人が大好きで甘えん坊さんのルク
201512281.jpg
私の手を舐めながら、膝の上でウトウトしだしました。
あれ? 顔がどこだかわかりますかね?(笑)



ただいま体重1.5キロ弱です。
比較対象物が無いのでビミョーな全体像ですが。
201512284.jpg
なかなかカメラ目線になってくれません。



おやつ(ドッグフード1粒)で釣ってみました。
201512283.jpg
おっ♪ いいねぇ~ その調子で真正面を向いて~



カメラ目線が撮れました。
201512282.jpg
生後3ヶ月ちょっとなのに、なんか窪塚洋介ぽいねぇ。 
(中途半端な例え)



母が、「抱っこするから可愛く撮って!」って言うのでパチリ。



母とルクの顔のサイズが合いすぎて
201512285.jpg
人馬一体ならぬ人犬一体!? 
母がルクになってしまったかのような写真になりました。



またはルクが帽子被ってるちっくな。

ロシアの。
yjimage1.jpg
↑ 無駄にイケメン。



| ルク | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。