PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読書の時間

私にとって
「読書=現実逃避する時間」 という認識なので
「じっくり読書する=心が荒んでいる時または気分が暗い時」 


あれまぁ!? 
文字にしてみたら、暗くて自分でもびっくりなのですが
つまりそういう時にしか読書しないことに気付きました。



そしてそんな時に立て続けに読みふけっていたのは

ソロモンの偽証 第I部 事件ソロモンの偽証 第I部 事件
(2012/08/23)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

ソロモンの偽証 第II部 決意ソロモンの偽証 第II部 決意
(2012/09/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

ソロモンの偽証 第III部 法廷ソロモンの偽証 第III部 法廷
(2012/10/11)
宮部 みゆき

商品詳細を見る




私が本を選ぶ基準は実に単純で、
201504173.jpg
つまり、人気があるかどうかです。(バカ野郎です。)



で、内容も知らずに 「映画化される。」 ってことだけを知り買ったのですが
読み始めたのが、世間を震撼させた川崎の中学生殺人事件発生直後でした。



そしてこの本の内容が
「中学生の死体が発見され、自殺か?他殺か?
他殺の場合の容疑者が、学校内の不良3人組では?」というもので
201504172.jpg



かなり長い話なので、その間の時間は十分現実逃避していましたが
私の読書感想文。
201504174.jpg
という実に上から目線なものでした。 スミマセン。




そしてその直後にまた
201504171.jpg
この帯に魅せられて買ったのが



その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)
(2014/11/28)
ピエール・ルメートル

商品詳細を見る




率直な感想文。

可哀想過ぎ!そしてグロテスク過ぎー!

でも話の展開はとても面白かったです。←小学生の感想文か?



久しぶりに自分のブログの 「読書」 カテゴリの存在を思い出したので
なんとなく、まとめてぶっ込んでみました。



暗い気分を助長するのが得意のようです、わし。





| 読書 | 08:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。